patomato 「親」を考える場作り

ふたりは同時に親になる。

子育てをリアルに始めてみるとイメージとは違う毎日の連続です。イクメンは増えても、夫婦間の実感には温度差があり、家の中でいくつもの衝突が起き、不機嫌が渦巻きます。

今この時代に、「夫婦が一緒に育児をする」とはどういうことなのか、何が壁になり、何が解決の糸口になるのか……patomato[パトマト]は、社会学の視点をエッセンスに、ふたつのワークショップ「OYAOYA?」「IDOBATA!」で「親であることを考える」場づくりをしています。

パパも、ママも、どっちも、育児の初心者。ゼロからの対等なスタートをお手伝いしたいと考えています。