OYAOYA? [オヤオヤ?]「ふたりで育児」ワークショップ

OYAOYA? について

「ふたりで育児」は壁だらけ

誰もが「夫婦ふたりで育児を楽しみたい」と思ってスタートする産後の生活。ところがなかなかうまくいきません。

ママは、育児の予想外の大変さに直面し、パパには現実をなかなかわかってもらえないもどかしさをかかえます。
パパからは「やる気はあるけど仕事もあるし、具体的に何をどうしたらいいのかわからない」「やっても妻に結局嫌がられる」「これ以上何をやれというの?」、そんな声が聞こえてきます。

パパはママの不機嫌に困惑し、ママはパパの理解のなさに傷つき、溝を深めがちです。

そんなずれの現象が、最近では「産後クライシス」という言葉で広く知られるようになりました。

patomato狩野が2013年にMAMApicksで書いたコラム「妻の不機嫌ループ ~困惑する夫たちに捧ぐ~」というコラムも、反響が大きく現在も参照され続け、Facebookの「いいね!」が2万を越え、多数ツイートされています。

パパにママのリアルを届けたい!

patomatoでは、産後の変化の実感に男女で大きな温度差があることがずれの構造だと考えています。
ワークショップを通して、この差を埋めるコミュニケーションの軸を見つけるのがOYAOYA?です。

ママのもやもやの紐を解きほぐし、課題を整理します。
パパには、ママの産後のリアルを丁寧に伝え、サポートの原則を伝えます。

こんな開催しています

・男性向け:プレ/新米パパ向け講座(→自治体主催の新米パパ講座の講師をした際のレポート
・夫婦向け:プレ/新米パパ&ママ向け講座
・女性向け:ママ向けワークショップ

ママ向けのOYAOYA?は、patomatoでも随時開催しています。

パパ向け講座はご好評をいただいていますので、子育て支援施設の両親学級、父親学級、産院のプレ両親学級等での開催、お気軽にご相談ください。

運営・進行 狩野さやか