「女性自身」に取材を受けた記事が掲載されています


週刊誌の「女性自身」2016年12月13日発行版の記事で取材を受け、1ページ分お話ししています。

「家事ゼロ夫を働かせる7つの頼み方」という記事の一部です。
「昭和型」のような「夫を動かす(ほめて)」というアプローチとは違い、生活スタイルも社会事情も変わった「平成型」では、産後が特にキーになり、夫婦で「一緒に」やるという共通イメージを持つことと、理想と「できるレベル」のバランスを取るのが大切、というお話をしています。

家事分担を必ずしも物理的にイーブンにすることを求めていない場合もあり、気持ちの参画がもっと欲しいだけという場合もあるはず、ということにも触れました。

女性自身掲載記事/狩野さやか


狩野 さやか

早稲田大学卒。株式会社Studio947のデザイナーとしてウェブやアプリの制作に携わる一方、子育て分野を中心にコラムを執筆。人気のウェブ育児媒体MAMApicksでは「妻の不機嫌ループ~困惑する夫たちに捧ぐ~」等、広く話題になった記事も多い。 「ふたりは同時に親になる」をテーマに、patomatoを主宰。ワークショップや語り合いなどリアルな場づくりとウェブでの情報発信をしている。/→ 狩野さやかMAMApicks連載コラム一覧

You may also like...