「OYAOYA?-産後クライシス対策ワークショップ」(7/7)/開催レポート


7月7日(木)、高田馬場にて「OYAOYA?-産後クライシス対策ワークショップ」を開催しました。猛暑と悪天候の日々でキャンセルが続きご参加がお一人になってしまいましたが、和やかなパーソナルセッションの時間になりました。遊びたいお年頃のお子さんが一緒だったので、ゴザスペースに座り込み和やかに進行です。

今回直接の内容には触れませんが、改めて感じたことをひとつ。

最近は、まだ少数派だとしても、家事育児を積極的にやるお父さんは増えてきていて、実際に「けっこうやっている」人も増えているというのをいろいろなシーンで感じます。
それでも、ママ自身がイライラに苦しむのはなぜか、ということはとても重要なポイントです。
「けっこうやっている方だから恵まれているはずなのだけれど…」
「こんなにやっているのになんで…」
それがどうしたら埋まるのか、埋まらないまでも近づけるのか、サポートの「質」に注目していく必要がこれからもっと高まっていきそうです。

猛暑予想の晴天の当日、お母さんも外出大変だったことと思います!ご参加どうもありがとうございました。


狩野 さやか

早稲田大学卒。株式会社Studio947のデザイナーとしてウェブやアプリの制作に携わる一方、子育て分野を中心にコラムを執筆。人気のウェブ育児媒体MAMApicksでは「妻の不機嫌ループ~困惑する夫たちに捧ぐ~」等、広く話題になった記事も多い。 「ふたりは同時に親になる」をテーマに、patomatoを主宰。ワークショップや語り合いなどリアルな場づくりとウェブでの情報発信をしている。/→ 狩野さやかMAMApicks連載コラム一覧